演劇鑑賞・・
朝晩はまだまだ寒い日があるものの、日中は暖かい(暑い)日が多くなって来ましたが、皆様方におかれましては、お元気でご活躍中のことと思います。今後1週間の気温の予報を見ましても、日中は10℃を軽く超える日が多いようです。以前にも書きましたが、気温の差が激しいようですので、体調管理には十分注意しなければなりませんね。
又、東京では既に桜が開花したようです。前述の通り、暖かい日が続きそうですので、高松ももう少しのようです。お花見の会が開催されましたら、またご報告させていただきたいと思います。

H25.3桜.jpg


さて、皆さん、これは何だと思いますか?

H24.3アイマスク.jpg

分かりづらいかもしれませんが、正解は「アイマスク」です。

夜行バス等で、熟睡する為に使用することはあると思いますが、先日、これを使って、貴重な体験をして来ましたので、ご報告したいと思います。

先日、友人から「演劇鑑賞(コンテストの一環)」の案内が来たのがきっかけでした。

「鑑賞」なので、観るだけと思って、受付を済ませたら、アイマスクと白杖(はくじょう)を渡されました。

そして、演劇が始まる際に、「この演劇は観客の皆様『参加型』の演劇です」とのアナウンスが有り、アイマスクを着用し、白杖を手に持って、演劇がスタート。

演劇の中では、視覚を閉ざされている状態で、移動したり、部屋の中で手探りで物を捜索したり、お茶を飲んだり・・と、普段、普通に出来ていることがなかなか出来ず、手や足の感覚(触覚)・声や音の鳴る方向を判断する聴覚、お茶の匂いや味を感じる嗅覚・味覚に頼りながら行動しました。
1時間半程の体験でしたが、他の参加者さんに声を掛けたり、誘導して貰ったりと、自然と協力する流れとなっていました。

今まで、車椅子の体験はありましたが、アイマスクを使っての体験は初めてでしたので、夫婦ともども、貴重な経験をすることが出来ました。

皆様も何かの機会に是非、是非。



 はじめ






<<グローも一緒に・・ | 靴のサイズ >>